住宅ローン控除等を受けるための確定申告!自分でやってみたら簡単だった!その2 追記あり

どうも、ぎんのすけです。先述しましたが、今回確定申告を自宅ですることを選択しました。

やってみたら意外と簡単〜

でも、ネットでの入力をしたから簡単だったのかもしれないです。

国税庁の確定申告作成コーナーで作成ができるんですが、これが意外と優秀で…。

その都度必要書類が表示されたり、入力する枠にカーソルを合わせるだけで必要書類のどの部分を記載するのかを画像で表示してくれたり。

実際に紙に自分で記入するとなったら…訳のわからないことばかりだったかも。

やるじゃん、国税庁!!

 

確定申告の必要書類等はこちら→住宅ローン控除等を受けるための確定申告!自分でやってみたら簡単だった!その1

では、実際に入力し終わってから感じたことなどをまとめますね。

 

住宅ローン控除「確定申告」を自分でやってみたら簡単だった!

 

あれ?意外と戻ってくる金額が少ない?

入力をし終わると、最終的に戻ってくる金額が計算されて表示されます。

「え?少なくない??」と思う方もいるかもしれません。

長期優良住宅の場合、住宅ローン控除は「ローン分の1%が戻ってくる」と聞いていたので、

ナンジャコレ?!

つい叫んでしまいました。

入力が間違っていたのか?と思って確認しても確認してもどこも間違っているように思えない。

で、ググってみました。

 

そもそも年末のローン残高の1%が戻る

そもそも論ですね(-_-;)

住宅ローン控除については年末のローン残高の1%が還付されます。

例えば年末残高が2500万だった時は、その1%である25万が還付。

ローンの金額が3000万だったからといって、3000万の1%である30万が還付されるわけではない

 

源泉徴収税額以上は還付できない

住宅ローン控除についてはすでに支払った所得税から還付する(支払った税金から払い戻すような感じ)ということで、源泉徴収票に記載のある源泉徴収税額よりも多い金額については還付ができません

例えば、先述した年末残高2500万だったとして…

源泉徴収票の確定税額(源泉徴収税額)が12万だった場合、本来還付されるはずの25万ではなく12万しか還付されません(4月ごろに振り込まれる金額)。

差額分の13万は還付ができない=損をするということ?!

と発狂しそうだったので、税務署に問い合わせしてみました!

 

源泉徴収税額を超えた分は住民税から ※注意事項あり

納めた税額以上に住宅ローン控除では還付ができないので、翌年度(確定申告をした年)の住民税から還付しきれなかった分が引かれるとのことです。

5月に発行される「住民税決定通知書」を確認してください。

ここで残りの12万が月割りになって住民税が減額される…という仕組みのようです。

 

確定申告を入力していると、途中で「住宅借入金等特別控除額は〇〇円という表示が出てきます。

これが本来の住宅ローン控除で還付される金額です。

最終的に表示される還付金額はあくまでも4月に入金還付される金額だけなので、安心してください。

 

ただ、税務署に確認したところ、「最終的に戻ってくる金額(還付+住民税減額)は必ずしも年末ローン残高の1%全額にはならない」と言われました。

確定申告の書類を入力し終わって、印刷をした後に出てくる書類「第一表」に記載のある「課税される所得金額」の7%が住民税から引かれる上限になっているとのことです。

 

毎年金額が変わってくる(減る)

ちなみに、毎年金額は減ってきます。

そりゃそうですよね。ちゃんとローンは払っているんだから、年末ローン残高は減ってきます。

 

一次外構は含まれないの?

うちは、一次外構(土地造成に関わる工事)を、住宅メーカーではなく外構屋さんにやってもらいました

そのほうが100万以上も安くなるから…ということだったんですが、住宅ローン控除の対象金額には外構分は含まれないという事実

知ってはいましたが、外構にかかった金額の記載がある請求書を見ると、なんとかならんのか?と思います。

そんなんやったら、外構高くても住宅メーカーにやってもらえばよかった!と一瞬思いましたが、住宅ローン控除で100万以上戻ってくるわけではないので、単純に支払う金額が安いほうが得です。

 

一次外構については、住宅メーカーでやってもらうことも多いと思います。

情報を集めてみましたが、請求書が一緒だとか、契約書が一緒だとか…そういう場合は住宅ローン控除に含めてもいいパターンもある…みたい。

なんだかグレーな感じがしたので、もう住宅メーカーに確認するしかないようです。

 

確定申告 自分でやってみた感想

住宅ローン控除の確定申告、知人に聞くと「もう訳わからなかった!!!」「自分でやるなんてムリムリ!!」という話を聞いていたので、取り掛かるのに恐々としていましたが…。

実際蓋を開けてみれば、

意外と簡単ジャーン

というのが素直な感想です。

必要書類を揃えればあとは画面に従いながら入力(都度必要書類の案内が出てくる)ので、やり始めたら1時間もかからないうちに入力は終わりました。

結構入力画面がわかりやすいんですよね。

カーソル合わせると、必要書類の記入する数字が記載されている場所が表示されたり、書類でわからないところがあっても、「?」のところをクリックすると別画面で開くので、それも分かりやすい。

国税庁のこのサイトを作った人に感謝!!!

 

わからないところも、「税務署に電話したら混んででなかなか電話に出ないんだろうな〜」と思ってダメもとで税務署に電話してみたところ、2コールで出てくれました(^^)

はやっ(笑)

しかも、たらい回しにされたり、保留で長々と待たされることもなく、イライラもしませんでした。

 

ただ…一つだけ苦労したのが…。

必要書類が見つからない!!!

司法書士さんからもらったどっさりの書類…。

閉じて冊子にしてあるものもあるし、どこに何が入ってるのか、目次つけてちょうだいよ〜!!と思っちゃいました(^_^;)

 

でも、パソコンに慣れているんだったら、ネットで書類作成→郵送提出にした方が楽チンです。

 

 

案外チャチャっとできるので、確定申告住宅ローン控除の申請も自分でやるといいですね!

また還付があった際には、後日談もしようと思います。

書類を提出して、不具合がないかどうか…。

不安な点もありますが、今はただ還付されるのを待ってみようと思います。

 

4月8日 追記

3月末日に入金がありました。

金額はやはりネットで入力完了、最後に表示された金額。

5月〜6月ごろに会社からもらえる「住民税決定通知書」も確認しようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function sng_minify_js() in /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-content/plugins/sango-theme-gutenberg/dist/init.php:169 Stack trace: #0 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(292): sng_block_tab_js('') #1 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(316): WP_Hook->apply_filters(NULL, Array) #2 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-includes/plugin.php(484): WP_Hook->do_action(Array) #3 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-includes/general-template.php(3025): do_action('wp_footer') #4 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-content/themes/sango-theme/footer.php(51): wp_footer() #5 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-includes/template.php(730): require_once('/home/ginnosuke...') #6 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-includes/template.php(676): load_template('/home/ginnosuke...', true, Array) #7 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/w in /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-content/plugins/sango-theme-gutenberg/dist/init.php on line 169