2歳11ヶ月 イヤイヤ期!理不尽な子どもの要求にも大人対応できる母になる!

どうも、ぎんのすけです。

最近、DIY熱が再燃して、ダイニングテーブルを作りはじめました。

日中ちびちび作ってるんですが…一日フリータイムがあればがっつり進むけど、そうではないからチビチビ進行です。

完成の暁には、サイトにアップしようと思います!

イヤイヤ期の子どもの理不尽な要求にどう対応する?!母の力量は…

幼児の要求って、たまにとんでもないものが出てきますよね…

本人の想像しているものと、現実の差が…。

大人だと「いや、それば物理的に無理でしょ」と思えることが、幼児には通用しないから、こじらせちゃうんですよね〜。

でも、そんなことも必死になってやるぎんたさんが、かわいいと思ってしまう親バカ。

自分ができないと思うことはやってほしいと言ってくるんですが、「ママはできる!」とか「パパはできる!」という感じでなぜか熱血風になります。

あとは、要求が謎すぎる…。

なんでそこに靴下(使用済み)を入れたがるのか…

基本的にうちは「何かに詰め込みたい」要望が多いです。

だから、余計に困る…「いや。それ大きさ的に無理だから!」と言っても「ママはできる!!」

……

力になれなくてごめんよ…

子どもの要求には応えていいものとダメなものがある!

「あれ買ってほしい」

「これは食べたくない」

「抱っこしてほしい」

「遊びたい」

「寝たくない」

子どもからの要求は、出せばきりがないですね…。

でも、全部に答えていたら、「言えばやってくれる(許してくれる)」と思ってしまい、わがままな子になってしまうかもしれません。

自分の要求は通るものだと、それが普通だと。

でも要求を聞かないと、ギャン泣きして収拾がつかなくなる…

ウンウン、わかる。そんなパターンも多いと思います。

 

私は、「遊びの中での要求」に関しては頑張って応えるようにしています。

そりゃ要求が謎すぎて、実現不可能なこともありますが、頑張れそうなことに関しては応えるようにしています。

靴下くらい丸めて入れてやるわっ

結果的に「ごめん…」となってしまっても、一生懸命やったぶん、ぎんたさんも満足してくれます。

テキトーにやると、怒られます。

 

逆に「わがままを押し通そうとする要求」に関しては断固として応えません。

 

 

イヤイヤ期の子どもの要求には塩対応!

我が家の場合、あまり外でギャン泣きするとか、わがままを言うとかがないのですが、これが今までの育て方なのかぎんたさんの気質なのかどうかは分かりません。

ただ、ぎんたさんの自我が出はじめた頃からずっとやっているのが「実現不可能なことに関しては誤魔化さずに”無理”と言う」です。

はっきり。きっぱり。

いや、それは無理だから

トミカを買ってほしいと言われても、

「いや、今日はトミカ買いに来たんじゃないから買わんよ」

で、一悶着あったとしても、絶対に買いません。

ここで買ったら「わがままが通った」ことになります。

幼児はそれを記憶して、次も同じようなことやります。

 

「味を占める」って言葉あるじゃないですか?

一回味わった美味しさを忘れることができずに、次も同じことをする…と言う意味合いですね。

大人と違って常識や理性の成長が未発達な幼児は、本能に忠実になる傾向があるように感じます。

簡単に言えば超単純思考(決して悪口ではない)。

獲物(おもちゃ)を狩って(ギャン泣きして)得ることができた(買ってもらえた)

と言う事実が、また次も…という考えに至り、味をしめちゃうんですね。

 

何を言われても、ギャン泣きしても必ず「買わんよ」と言います。

それ以外の選択肢はない

実現することのない「また今度ね」「後でね」なんて言葉は、次を期待させちゃうから使いません

「〇〇してくれたらしてあげる」なんて言葉も使いません

「泣いたらしてあげない!」とか「泣かなかったらしてあげる」とかも言いません

ギャン泣きして押し通そうとする要求には一切応えません

もう我慢大会です。

どっちが折れるかの。

 

買い物中にギャン泣きして他の人に迷惑がかかるから…と思うなら

昨今、人の目というのはかなり気になります。

「虐待じゃないか」とか思われてしまうかもしれない。

「もう、そんな泣かせるなら買ってあげればいいのに」と冷ややかな目で見てくる人もいる。

ただただ「うるせーな、親なら騙させろよ」と迷惑そうな顔をする人もいる。

気にするなって言っても気になるって…

で、結果的に根負けして要求を受け入れそう…。

 

わかるわかる!超わかる!!

なに?じゃあ、あなたが買ってれるんですか!!!?と心の中でキレそう…。

 

うちは…

  1. わがままな要求に繋がる場所にはいかない(おもちゃ売り場やお菓子売り場)
  2. 自分の買い物(用事)には付き合わせない
  3. 用事はちゃっちゃと終わらす
  4. ぐすり始めたら買い物が中途半端でも会計して帰る
  5. 泣いても、ドラえもん的温かい目で泣かせておく
  6. 店外に出る(泣き止んで落ち着くのをコーヒーでも飲みながら待つ)
  7. 諦めて帰る

 

特に1〜3は重要だと思います。

いかにスムーズに子どもを待たせる事なく用事を終わらすか…ということが、子どもの気を「要求対象」にいかせないようにするか…。

彼らはとても目がいいので、自分の好きなものに関して超優秀な「見つける目」を持っています。

ちんたらしていたら、それを見つけちゃって「欲しい!!」となっちゃうから。

 

でもスーパー行くと、あれもこれも…となってしまって時間がかかって…となるなら、子どもがぐずりはじめた時点でお会計して帰るのもいいと思います。

仕方ない。

これをこじらせたらもっと大変になるわ。

 

何をしても泣くなら自分も泣いてしまえばいい

何を言っても泣いてしまって動かなくなってしまって、こっちは荷物も持っているし、もうそんな余裕ない!!

そんな時も、もちろんあります。

 

そういう時はとりあえず家に帰ってご飯作りながら泣いています。

泣いたらスッキリするので、テレビつけて、ドラえもん流しながら、ぎんたさんにお菓子をあげて…。

私は一人で泣きます。

旦那さんに話しても、これを経験したことがない旦那さんには、この辛さが伝わりきらないから余計に虚しくなってしまうし。

 

で、また次から頑張ればいいんですわ。

うん、明日また頑張ろう!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function sng_minify_js() in /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-content/plugins/sango-theme-gutenberg/dist/init.php:169 Stack trace: #0 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(292): sng_block_tab_js('') #1 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(316): WP_Hook->apply_filters(NULL, Array) #2 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-includes/plugin.php(484): WP_Hook->do_action(Array) #3 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-includes/general-template.php(3025): do_action('wp_footer') #4 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-content/themes/sango-theme/footer.php(51): wp_footer() #5 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-includes/template.php(730): require_once('/home/ginnosuke...') #6 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-includes/template.php(676): load_template('/home/ginnosuke...', true, Array) #7 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/w in /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-content/plugins/sango-theme-gutenberg/dist/init.php on line 169