「可愛いのは今のうち」って言われているうちが一番いいと気がつくのは後になってから

こんばんは、ぎんのすけです。

魔の2歳児が絶好調で、毎日うわ〜っ‼︎となっています。

 

今回は、そんな魔の2歳児と化する前、1歳11ヶ月になった春にあったはなしです。

 

 

わたしと義実家との関係は、そんなに悪くなく、旦那さんがいなくても義実家にお邪魔したりする事もあります。

 

春に、私たちが住んでいる地域の植物公園で、お花見祭が開催されているのですが、今年は義実家にお誘いを受けて、わたしとぎんたさんと義実家(義両親・義姉・義姉の子どもさん)で一緒に行きました(旦那さんは、お仕事)。

 

 

お花見には団子…かもしれませんが、この植物園には名物の「すごい焼き芋」があると義母が言っていて、私たちが着くよりも前にその焼き芋行列に並んでいてくれました。

 

で、購入後、みんなで桜の木下のベンチに座って、噂のすごい焼き芋を食べましたが、本当にすごかったです。もちもち、ネチネチ、ぎっしり、むっちりで甘あま〜(^▽^)

初めて焼き芋食べて感動したわ(笑)

 

当日は、大道芸人もきていて、サイエンス大道芸をなるものを披露していましたが、理科の実験みたいで楽しかったです。

 

ぎんたさんも義姉の子どもさんの横に並んで(ぎんたさんは、この子のことが大好き)、しっかり一番前に座って、最初から最後まで一緒に見ることができました。

集中力がついたのも嬉しいし、人が多い中でもママ・ママモードにならずにいたぎんたさんの姿を見て、寂しい気持ちもあり…

「もうすぐ2歳になるんだなぁ」と、成長を感じました。

 

 

で、家に帰ってからの、まさかの挙手!

今まで何かしらで手をあげたりすることはありましたが、こんなにもタイミングよく手をあげることがなかったので、もう爆笑!

普段は物静かな義父ですら、声をあげて笑っていました。

すごいですよね、小さい子の謎の力。

一瞬で周りの空気を変える力。

 

2歳4ヶ月になった今では、「あ〜い」と声も合わせて手をあげて返事をしますが、この頃は、なんのこっちゃわからない時に手をあげたりしていたことが多かったので…。

本当にその焼き芋が欲しくてあげたのかどうかって聞かれると、本意は本人しか分からないので、なんとも言えません。

 

 

でも、

ぎんたさんは、2歳を境くらいにして、記憶力や、行動力、こだわりや、自分の意見がはっきりしてくるようになりました。

もしかしたら、この焼き芋挙手は、そのうちの一つだったのかもしれないな〜と最近になって思います。

 

 

 

子育てをしていると、周りの人から色々な話を聞くことがあります。

 

生後何ヶ月で、ハイハイをしない時期には

「今が一番いい時期よ〜、自由に動けるのは今のうちよ」と。

 

やっと立つことができるようになると

「今が一番可愛い時期よ〜、成長めまぐるしいし、何しても可愛いから」

 

2歳頃になると、

「なんだかんだ今はまだママ〜ママ〜だから、可愛いって」

「イヤイヤ期なんて本当一瞬だって〜」

 

で、小学生の息子を持つ母は、こう言ってきます。

「小学生男子の男の子なんて、服も選びがいないし、公共のお風呂は一緒に入れないし、ただ生意気になるし、無駄に悪いことばっかり覚えてくるし、本当可愛いのなんて5歳までだわ」と。

 

 

どれも、言われた時は、「んな訳ないやん、今結構厳しいって!」って思っていたんですが、その時期がすぎると、どれも本当やったわ…と思うことが多くあります。

 

子どもが成長することは、嬉しくもあり、寂しくもあり、大変でもあり、苦しくもあり…。

良かったことも、悪かったことも、どれもひっくるめて、後になって思い返すんだと思います。

 

 

今は、とにかくその日その日を生活していくことでいっぱいいっぱいですけどね…(-_-;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)