2歳児 魔のイヤイヤ期が本格到来…乗り越えるために必要なこととは何か?

こんばんわ、ぎんのすけです。

子育てをしていると、「自分の読みが甘かった!!」と思うことが多々あります。

まだ小さい子に対して「予測をすること」と「大人の常識」は一切役に立たないことだと思います。

 

先日、山口県でぎんたさんと同じ2歳児の子が行方不明になるという事件がありました。

3日後に無事に見つかり、わたしも本当にホッとして…。

会ったことも無い子ですが、我が子と同じ歳と考えてしまうと、本当に見つかるまではニュースを見るたび、日が経過するたびに、心苦しかったです。

今日になって退院したということで、母親と一緒にインタビューに出ていましたが、最後に記者に向かってバイバイができていて、なんだか心が暖かくなりました。

 

特に、イヤイヤ期に突入してからは、行動範囲も広がり、自己主張も強くなり、こちらから何か言えば、一言目には「いや!」という状態になるので、親の予想なんて役に立つことが無いです。

ぎんたさんも、2歳になったころに比べると、「も〜…っ!!なんなんよっっ!!!?」って言いたくなるくらい(;▽;)

 

ぎんたさんが、イヤイヤ期に突入して思うこと…

 

それは

 

「とりあえず子どもに意見をきいてみること」

 

だと思います。

わかっとろうが、わかっていなかろーが、とりあえずどうする?と聞いてみること。

聞かずに、こちらの思いだけでやってしまうと、うまくいかないことが多い気がするんです。

 

 

イヤイヤ期は、そもそも自我が強くなることで起きると言われているそうです。

自分は自分!自分のやりたいようにやりたい!!

そういう気持ちを、親は理解しつつ、成長のためのサポートに回るのがいいみたいです。

 

あくまで、子供に危険が及ばないようにサポートする…

 

 

な〜んてことやってたら日が暮れてしまいますよね(^^;)

でも「まぁ、なんだかんだ最終的にはママの抱っこでなんとかなるわぁ」なんて思っていたら、甘かった…。

 

なんともならないんですよね、ほんとに。

 

まだイヤイヤ期も始まったばかりなので、今後はもっと大変になるかもしれないとは思っています。

 

でも、これが自我の形成に繋がり、自分の意見を持ち、自分の意見を話して、いろんなことを納得することができるようになるんだと…信じています(T▽T)

 


イヤイヤが発動した時に、親がすべきことは…

 

どこにいても、イヤイヤが発動することはあります。

家にいようが、義実家にいようが、公園、スーパー、車の中…。

 

そういう時は、決まって何かを伝えたいという時だと思います(今の所の話)。

気まぐれの時は、そんなに悲惨な状態になることはなんですよね。

でも、何がして欲しいか言う事ができなくて、モヤモヤしている時に、違う提案をされてムリやりしないといけなくなくなっちゃうから、うあ〜ん!!と大泣きの惨劇に…。

 

「いやや」と言われた時に、「じゃあ、〇〇?」「▽▽がいい??」と、今何がして欲しいかその場で聞く事が、こじらせない方法かなぁと思っています。割と。

間違っても、強行突破したり、頭ごなしに怒鳴りつけるのは、相手を傷つけるだけだと思っています。

大人がそんな風な対応されたら、怒りますもんね。

子どもも、「子どもだから何にも分からない」じゃなくて、「子どもだけど、ちゃんと分かってる(部分もある)」

 

ただ、本人がして欲しいことが、それは今できないことの時もあるので、できない時は、

 

  • どうしてそれが今できないのか
  • どうしてそれをやってはいけないのか
  • いつになったらできるようになるのか
  • 代替え案の提示(意外と効果的)

 

と、できない理由などを話した上で、

ちゃんと「それができなくて悲しい」と同調してあげることが大切だと思います。

そして、最重要なことは頭ごなしに怒鳴りつけない事。

ぎんたさんは納得してくれると、シクシクしながらも言うことを聞いてくれます。

 

なんて、さらっと書いていますけど、ギャン泣き状態になったら話も聞かないので、ちゃんと話が聞ける状態に落ち着いたら話しています。

ギャン泣きをしている間は、菩薩にでもなったかのような微笑みで抱きしめています。

 

たまに、こっちがプッツンしてしまって「もう好きにすれば〜知らんわっ」と言ってしまった事が何回もありますが、これは本当に状態を悪化させるだけになってしまうんですよね。

2歳児も、ちゃんと分かってる。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)