イヤイヤ期到来?!1歳8ヶ月の息子の感情コントロール方法

どうもぎんのすけです。

とうとう息子はイヤイヤ期が始まってしまいました。

自分でできるようになったことも多く、いろんなことに興味を持つようになりました。

 

成長を感じる反面、悩ましいことも多く…

ホームセンターで、商品のトートバッグを持って行こうとしたので、

「これは売り物やし、買わんから持って行かんといて〜」と言いながら商品を戻したら

床に寝転がり大泣き(T_T;)

よく見るあの光景が目の前で繰り広げられました…

 

あぁ、世に言うイヤイヤ期がとうとう来たか…

 

今回は、そんなイヤイヤ期に中で、息子の成長と感じたことをご紹介します。

この行動は息子だけなのかわからないですが、

なぜか「缶を渡すと機嫌が良くなる」息子さん。

 

最初この行動をし始めた時は、何事かと思いました。

が、この行動をすることで何かスッキリするんでしょうね。

しかも、手当たり次第投げまくるのではなく、なぜか自分の足元らへんに投げつけるので、

人や商品に当たることがないんですよね。

 

イヤイヤ期は、自我の目覚めが関係しているんですよね。

「やりたい!」と思う気持ちに対して、できなかったり、うまくキモリを伝えられなかったり、させてもらえない時に、気持ちが「ワー!!」となってしまって、イライラしてしまう。

 

自分の感情をコントロールできるようになったり、できないことができるようになることで徐々に治まってくると言われています。

 

今はまだ、やっていいことと悪いことの分別がつかないので、とりあえず興味を持ったらやってみたいんでしょうね。

でも、やっちゃいけないことを叱らないということは、ただの甘やかしになってしまうので、

本人が理解しきれるかどうかは別にして、ちゃんと説明をするようにしています。

 

「これは売り物だから、壊したり汚したりしたら売れなくなって、お店の人が困るんよ」

「おやつはお家に買っておいてあるから、それを食べようね」

「椅子の上に靴で立つと、汚れて次の人が使えなくて困るからちゃんと脱ごうね」

 

基本、お店の中での行動に対してになりますが。

 

1歳10ヶ月になって、徐々に理解をしてきているみたいで、今は寝転がって泣き叫ぶことはなくなりました。

泣くことはありますが、ぐすんぐすんしながら抱っこを求めてくるので、息子さんの中で「やっちゃいけないことなんだ」と理解してくれているんだと思います。

 

で、抱っこしてあげて、「分かってくれたんやね、ありがとうね」とヨシヨシしています。

 

 

ただ、缶好きはいまだに続いていて、

自販機を見るたびに買ってとせがまれます(-_-;)

買わないときはちゃんと「今日は買わないよ」と言って、本人が納得してくれるまで少し離れたところで待つようにしています。

最初の頃は泣いていましたが、今は「今日は買わない日か〜」と諦めるようにもなってきました。

 

買う時は、大喜びで出て来た缶をとります(笑)

 

 

イヤイヤ期が始まって、私自身が気をつけていることは、

自分勝手な感情を押し付けない

という事。

 

自分がイライラしているから息子さんのイヤイヤに怒ってしまったり、

自分の思い通りに行かないから怒ってしまったり。

自分が興味ないからさっさと切り上げようとしたり。

 

息子さんにしてみたら「なんで?!」という気持ちにもなっちゃいそうで。

テキトーにあしらうと、それも分かってしまうんですよね。

 

イヤイヤ期との付き合いは、まだ続きそうですが、今後もゆっくりと向き合って行こうと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)