クリスマス商戦に乗り遅れるな!我が家の3歳男子のクリスマス意識に関する色々

どうも、ぎんのすけです。

今年こそ「あれをしよう!」とか「これを達成しよう!」とか意気込む年始ですが、年末にはだらけてしまいそうで怖いですねwww

 

さて。

今回は少し前の季節になってしまいますが、クリスマスの話です。

 

私が小さかった時は、自分のほしいものをもらっていたかどうかは覚えていませんが(ごめんなさい…)、朝起きると枕元にプレゼントが置いてあったのを覚えています。

 

何歳の時だったかは正確に覚えていませんが、「今年こそサンタクローズの姿を見てやる!!」と意気込んで布団に入り、夜中に父と母が入ってきて「ここに置いておく?」「こっちがいいんじゃないか?」とか言いながら何かを置いて出て行ったのを目撃しました。

 

その日は泣きながら寝ましたよ…

次の日になっても、昨夜の出来事が信じられず「そうだ!きっと父と母はサンタクロースに頼まれたんだ!」とか「そもそもあれは父と母じゃなかった!」とか色々な理由を後付けして、なんとかサンタクロース=父と母であることを信じようとしなかったのを、未だに覚えています。

 

他の家庭はどうだったんでしょうかね?

 

クリスマス商戦は早くから始まってる!我が家のクリスマスの過ごし方はこうです

今年はちょっとした事件になるところでした…。

 

我が家は、特にクリスマスをいつやるかというのを決めていません

できれば、24日か25日に…とは思っていますが、みんなで夕食を囲んでワイワイやった後に、サンタさんが庭にプレゼントをこっそり追いていく…という感じで毎年やっています。

 

枕元にプレゼントとか、ツリーの下にプレゼントを置いて、次の日の朝「キャッホー!」というのも楽しいけどね〜。

プレゼントをもらった後の息子の喜びを夫婦で堪能したいという理由もあり、その場でプレゼントをゲットできるように…という風にしています。

 

で、今年のクリスマス。

クリスマス商戦に乗り遅れて、ぎんたさんの欲しがっている商品を入手するのが困難になってしまい、かなり焦りました。

それでも、なんとかいろんなとこに電話を掛けまくって商品をゲット…。

 

そのクリスマスプレゼントを自宅保存していたんですが、クリスマス当日の朝になって「ぼくフィン(カーズ2のキャラクター)を頼んだんだっ」って。

毎日毎日、彼の気持ちが変わらないように確認をしていたのに(@_@;)

しかも当日の朝になって希望したのが廃盤になっていて、どの店舗にもすでに取り扱いがないトミカ…。

つまり、急いで買いに行っても売っている場所がないんですよね…。

ほんと、一瞬で血の気が引きました

 

それでもなんとか、彼に気を元のプレゼントに戻して、迎えた夜…。

夕飯でチキンとピザを食べ、ケーキも食べてひと段落したら、主人が「庭に誰かいる…なんか置いてあるよ!!」と声をかけ、ぎんたさんに確認させようとしたんですが…。

肝心のぎんたさんは、こんな時間に庭にいる不審者に「怖い!!」とビビって家の奥に逃げ隠れる始末(笑)

 

「サンタさんやよ!」「あっ!プレゼントじゃない!?」「あれ、プレゼントやん!!」と…もうサプライズもなんでもない感じで、ぎんたさんにプレゼントが外に置いてあることを教え、取ってきてもらいました(^_^;)

 

なんやらかんやらバタバタがありましたが、今年もなんとかプレゼントゲットできたぎんたさん。

次の日も「サンタさん今日は来てないね…」と言いながら縁側を眺めていました。

 

クリスマス商戦は11月には始まっている!

いやぁ…知らなかったです。

ぎん太さんが欲しいと言っているものは決まっていたし、商品はいつも某大型商業施設に売っているし、新商品だし、クリスマスクーポン1000円引きの期限もまだまだだし、大丈夫だろう…と思っていたら、11月下旬には物が店頭から消えるというミステリー!!

どこのお店に問い合わせても無い!!

挙句「メーカーに在庫がなくなっている」と言われる始末…。

 

泣く泣くクーポンが使えない家電量販店併設のおもちゃ売り場に問い合わせてみても無く…。

既にぎんたさんには「サンタさんにはパパが電話してたよ、ちゃんとお願いしといたからね」って言っちゃってるし(TT)

商品確保が難しくなってきた頃から「ぎんたさんが頼んだやつ、他の子も欲しい欲しいって言って大人気らしくてさ…もしかしたら違うのになっちゃうかもしれない…」と苦しい言い訳(T皿T)

 

商品をゲットするまでヒヤヒヤしていましたが、なんとか確保できたので一安心

これが12月初旬。

その後しばらくして某大型商業施設に行ったら、売っていました笑

「おひとりさま一点」と制約はありましたが、店頭に並んでいた上に、クーポンもクリスマスクーポン第二弾が打ち出されていました(^^;)

あんなに焦んなくても良かったのか〜

 

今年得た教訓は、

クリスマス商戦は11月初旬には始まっている!

店に物があったら、その時買っておけ(特に新商品)!

間に合わなくてもクリスマス直前には再販されてるかも!(ただし心的ストレスは半端ない…)

 

さらに、これは大事…

子どもには商品を確保してから「サンタさんに頼んだよ」と伝えること!

 

3歳児の「クリスマス」の理解度はこんな感じ

3歳半をすぎると、いろんなことに対する理解力が増してきます。

それによって季節のイベントごとをなんとなく理解することができるようになります。

 

例えば…

ハロウィン=おばけ、黄色いかぼちゃ

クリスマス=ツリー、サンタさん、プレゼントがもらえる

節分=鬼、豆

 

連想ゲームみたいな感じです

スーパーに行くと、催事コーナーがあったりするんでそれを見たり、なんとなく雰囲気が変わったな〜と感じているのかもしれませんし、もちろん幼稚園や保育園・託児所などで情報を得てくるのもあると思います。

 

ぎんたさんもクリスマス飾りを見て「あっ!クリスマスだよ!」と言いました。

私から教えたわけではなかったのに。

クリスマスの由来とか歴史とかはまだ理解しきれない感じですが…。

 

お正月に関してはは「年が明ける」とか「十二支」の概念がまだ理解しきれず「あけましておめでとう」と言っても「…?」という感じでした。

具体的な「もの」があると季節イベントとしてわかりやすかったのかも(鏡餅を置くとか、門松、しめ縄…お正月っぽい飾り)。

 

今年のクリスマスの頃には、もっと理解力が上がると思うので、クリスマスとはなんぞやということを話していこうと思います。

 

各家庭にあうそれぞれのクリスマスの過ごし方

クリスマスパーティーをいつやるか・ということに関して、日本では24日のクリスマスイブにやるカップルや家庭が多いように感じます。

 

クリスマス自体はイエスキリストの誕生をお祝いするもので、暦としては「ユダヤ暦」が用いいられます。

なので厳密に言えば、ユダヤ暦では日の変わり目が「日没」となっているので、24日の日没〜25日の日没までがクリスマス

25日の夜はもうクリスマスではなくなっちゃっているんですよね。

だから、サンタさんは24日の夜中に子どもたちにプレゼントを配る…ということになっています。

 

しかしここは日本…

サンタクロースもお正月も宗教関係なくお祝いし、本来は収穫祭であるハロウィンが仮装パーティーになったりする日本。

昨今の仕事事情や、宗教観念の薄い現代日本、受験が近い子がいる家庭もあるだろうし、他にもなんやらかんやらがあったり、宗教的な催しではなくイベントとしての捉え方もあり、私自身は「家族の好きな(良い)タイミングでやればいいんじゃないか」と思います。

もちろん、人によって考え方は違うかもしれませんが。

 

でも、だからと言って「うちは11月にクリスマスをやるんだ!!」なんて家庭はありませんよね(^_^;)

24日〜25日、またはそれに近い土日、でクリスマスパーティーをすればいいんじゃないでしょうか。

もちろん「クリスマスという日」の由来を大事にし、24日の夜にクリスマスパーティーをするのも素敵ですよね。

 

なんにせよ、親として一番なのは子どもたちが楽しそうに喜んでくれる姿を見ることだと思います

 

今年のクリスマスも、良い笑顔が見ることができますように。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)