2歳半喋りの発達について 定期健診を受けることの重要さ

こんばんわ、ぎんのすけです。

今朝、庭に置いてあった息子のバケツの中に氷が張っていました。

起きてきたぎんたに見せてあげると、氷の中のドングリを取ろうとして、指を入れようとしていましたが、氷に当たって指が入らず…。

「あれ?おかしいねぇ」と首を傾げていました。

寒くなっていたから氷がはったんやよ、と教えてあげると、「こおりぃ?」と言っていました。

去年も氷を触って遊んでいましたが、「これが何か」ということは考えることはなかったんでしょうね。

2歳半になって、理解力や記憶力が充実してきて、前日水の中に入れて遊んでいたドングリに、手が届かなくなったことに対し「おかしい」と思ったんだと思うと、なんだか成長したな〜と感じ、朝からしみじみ。

午後になってまた庭に出た時に、氷が溶けていたのをみて「あれ?こおり、ないねぇ」と言って、なんだか寂しそうにしていました。

以前から、言葉の発達について悩んできましたが、今回もそのくだりです。

まだはっきり喋ることができない単語も多いので、ぎんたが何を言いたいのかわからないことも多いです。

例えば「ちゃっちゅ=違うやつ」「まも(ん)=ドラえもん」とか。

「ちゃっちゅ」って…なんやそれ、具志堅用高か!!って突っ込んでしまいました。

初めてその単語を言い始めた時は、何言ってるのかわからなくて、何度も「ちゃうっ!ちゃうっ!」と怒られます。

かと思ったら、急に流暢に「知らんよ」とか「ゴマ、もうないよ」とか言い始める(笑)。

特に、やっぱり私の喋りを覚えてしまうみたいで、ちょっと方言が入ってる感じになっていくのが可愛らしい。

 

発達は人それぞれ

以前、ぎんたの言葉の発達について悩んでいる時期がありました。

1歳8ヶ月 言葉の発達が遅い⁈未だに単語がちょっとしか出てこない息子

1歳9ヶ月 息子の言葉の発達は遅め?保育士さんにも相談してみた!

言葉の発達だけでなく、歩行や体の発達に関しても悩んでしまう方はいると思います。

悩む原因になるのは、母子手帳に記載してある言葉の発達についての確認事項や、児童館での周りの子達、私の兄の息子(ぎんたより1ヶ月早く生まれているだけ)と比べてしまうからなんですよね。

私は気にしない!と思っても、自分の親から言われるとなんだかモヤモヤしてきてしまう。

「◯◯ちゃんはもう結構喋っているよ」とか「この子はまだなんか」とか。

挙げ句の果てに「どこかが悪いんじゃないか」「うちの子達(私や私の兄弟)はもっと早く言葉が出ていた」(2歳前くらいの時に言われました…泣)とか言い始めるもんだから、気持ちがいいものじゃない。

育児経験者の言葉だからこそ、グサってくるんですよね。

 

心配なら保育士さんに相談!

言葉がなかなか出てこなかったぎんたさん。

過去に市役所のこども家庭課にある「相談コーナー」に行ったことがありました。

ネットで読んでいても、平均的なこととか、「早い子は〜…」のくだりしか書いていないし、やっぱり言葉が出てこないのは何か原因があるからなんじゃないか…と思って。

私の住んでいる市には、市役所のこども家庭課というところがあり、そこに保育士さんが常駐しています。おもちゃなんかもあるので、話を聞いてもらってる間も、こどもが気になって相談ができないってことがないので、割と安気に行けました。

で、そこで言われたことは

  • 発達は人それぞれ
  • 総合して見て考えるべき
  • 心配なら気軽に相談するといい(親のストレスを溜めないためにも)

ということでした。

 

ちなみに、以前ぎんたと一緒に公園に行ったら、何もしていないのに「痛い痛い」と言って、足を引きずるような仕草をしていました。

なんとなく膝裏の変が膨らんでいるような気がする…と言うことで次の日に病院に行ったんですが、なんともないですよ〜と。

家に帰って、なんだったんだろう、昨日のあれは…と思って、前日はいていたニットのズボンを確認したら、ちょうど膝裏に当たる部分に枯れた芝が刺さっていました(^_^;)多分、原因はこれや…。

 

定期健診は必ず行くべき!

2歳健診の時に、「心配なことや気になることはありますか?」と聞かれたので、「まだ言葉が周りに比べて出てこないんですよね〜」と伝えたら、2歳半くらいの時に市役所のこども家庭課の担当者から電話がかかってきて、「その後どうですか?」と連絡がありました。

市によって対応は違うかもしれませんが、初めて「この市に住んでいてよかった」と思いました(笑)

 

自分でモノを言うことができない幼児だからこそ、親が日常をしっかり診ておかないといけない、その判断がその子の人生に関わるかもしれない。

それはいつも頭の中にあります。

知人から聞いたんですが、1歳半の定期健診に行って身体検査をしていたら、保健師さんに「少し頭位が気になるから病院で調べてもらったほうがいい」と言われ、病院に行ったら「水頭症」と診断をされ、あれやこれやと言う間に手術を受けたと言う話。

あと半年遅かったら、命に関わっていたと医者から言われたそうです。

それから5年ほど経っていますが、まだ完治をしているわけでなく、治療中ではありますが、元気に学校に通っています。多少の遅れがあるかも…とのことですが、ただ単に勉強が嫌いなだけかも〜と言うくらいの感じ。

 

定期健診で、しかも医者ではなく保健師さんの発言によって発見された病気…。

たくさんの子どもを見ているのは、小児科の先生だけでなく、保健師さんや保育士さんもそうですもんね。

 

まとめ

  • 子どもの発達は人それぞれ
  • 気になることがあれば観察する
  • 心配ならプロに相談してみる
  • 乳幼児定期健診は必ず行く

共働きの世帯では、気にはなるけど休みが取れない!取りづらい!と感じる方もいると思います。

だからこそ、乳幼児定期健診の時に保健師さんやお医者さん(割とドライな対応してくる方もいるかもしれませんが…)にしっかりと聞いておくといいですよ、ほんとに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)