兄弟のおもちゃ選びについて思うこと(くるくるチャイム)

こんにちは〜ぎんのすけです。

4歳差育児、なかなか思うように行かないこともあり、日々イライラしながらも、笑ったりしています。

さて。

長男の時に購入したおもちゃ。

次に生まれる子も使ってくれるといいな〜と思って長く使えるようなものを購入していました。

その中の一つ、「くるくるチャイム」を紹介します!

5歳と1歳もなんだかちょっとハマる!くるくるチャイム!

くるくるチャイムを購入したのは長男が1歳になる前。

知育玩具として紹介されていました。

公文から出てるしね。

実際のところ、どうなんだろうな〜と思いながら購入しましたが、うちの現在の使用状況としてはちょっとした気を引くタイミングで必要なおもちゃになっています。

くるくるチャイムおすすめポイント3つ!

イオンなどの知育玩具コーナーにおいてあるくるくるチャイム。

上からボールを入れると透明の筒をくるくる回りながら落ちて、下に到達すると「チーン!」と音が鳴って球が出てきます。ただそれだけ笑。

その1 付属ボール

このボール、なかなかいい感じの大きさで、口の中に入ってしまう危険はなく、手で持ちやすい大きさ。探しやすい大きさ笑。

4,5cmくらいあるのかな?

1歳2ヶ月の次男は手で持ち歩きそこら中に散りばめています。小さい子って、ボール好きやよね。

コロコロ転がるだけで追いかけます。

しっかりした作りなので、壊れることもない。ただし、投げられると痛い。

その2 くるくる落ちる動作とチーンとなる音

くるくる落ちて最後に鳴る「チーン!」という音で、注目してくれます。

大袈裟にリアクションすると、次はやらせろ〜みたいな感じで長男も次男も寄って来る。

で、くるくる落ちる動作をまじまじと見ます。長男はいかに早くチーンを連続で鳴らすかという挑戦を始め、次男はそれを目を丸くして見ています。たまに参加して、自分の入れた球がチーンと鳴って出てくると「おぉ〜」と拍手。

かわいい!!

その3 独特な頭

取り外しができる、アヒル?的な頭。

なんだろう…この独特な顔。

これを取って自分の頭に乗せるもよし!子どもの頭に乗せてあげるのもよし!子どもたちが乗せ合いするのもよし!

なんか意外と楽しく遊んでます…本来の用途じゃないけどね。

実際に使用してみると…

球以外のものを入れると、詰まります笑。

1歳児はなんでも入れます。デュプロとか、積木、トミカ…。

そりゃそーだ

ま、つまっても本体、土台、頭が取り外しできるので取れます。

が、ちょっと複雑な形をしたものが詰まったり、ジャストサイズのおもちゃがつまったりすると、苦労します。出てくるけど。

土台部分にカーズ トミカのキングが詰まった時は出すのは大変でした。

作りが頑丈なのでちょっとやそっとのことでは割れたり壊れたりしません。

ただ、永遠に遊ぶことはなく、遊びの合間になんかちょっと手を出す…みたいな感じで、10分位くるくるチーンして遊んでいます。

購入してよかったかどうかと聞かれれば、購入してよかった!!

短時間ではあるけど、くるくるチーンしている間は集中してるし、年齢が上がると独自の挑戦を始めたり、「これも出てくるかな?」「これはどう?」と自分で他の球状のおもちゃなんかを試しながらやったりします。結果、つまる時あるけど笑。

けど、自分でどうしたらおもちゃが取れるのか考えるようにもなって、とることができるようにもなるし、ここはめるんだよね!とか言いながら、組み立てることも覚えます

意外と次男と一緒になって遊ぶことができるおもちゃです。

児童館とかにもよくあるよね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)