新型コロナウイルス 妊婦や胎児への影響は?感染予防に必要なこと

どうも、ぎんのすけです。

 

昨日、夕方のニュース速報で「愛知県内で新型コロナウイルス感染患者が発生した」という一報が流れました。

武漢から訪日した中国人男性ということで、観光地など周った等の噂もありますが明確な情報はなく…。

どこにいたのか、どこに立ち寄ったのか、どこの病院に行ったのか等の情報は公開されていません。

こういう「どこにいたのか」情報を公開してくれればいいのに…とも思う反面、公開したら観光地への風評被害などの影響やパニックなどが起きてしまう可能性があるので仕方ないか…と感じます。

 

それでも、確実に私の住む地域内の出来事だったので、今までは「あ〜なんか大変なのが流行っているな…」という認識ぐらいでしたが、そうはしていられない状況になりました。

 

さらに奈良県内在住の渡航歴のない日本人バス運転手が新型コロナウイルスに感染し入院していることも発表され、当初は明確な証拠はないが「日本でヒトヒト感染をしている可能性は高い」と、会見で話していましが、今日になって「ヒトヒト感染をしている」と発表されました。

 

妊娠中は病気治療の際にも薬等に制約がある(胎児に影響を及ぼさないようにするため)し、そもそも妊娠中は免疫力が落ちてしまっているので、感染しやすいという話があります。

 

改めて自分で正しい認識を持った上で、対策していこうと思います。

 

新型コロナウイルスとはなんぞや?

新型コロナウイルスについて現在分かっていること

現在流行している新型コロナウイルスは2019-nCoVという名称となっていて、最初の一報を探すと、どうやら2019年の12月頃中国で発生しているようです。

二ヶ月弱で170人超の死者と、7000人超の感染者。

ニュースを見るたびにどんどん人数が増えていっているので、得体の知れないものに「怖い」としか思えません。

 

過去にはSARSやMARSといったコロナウイルスが流行して恐々としていましたが、今回もそれと同様に「コロナウイルス」による感染と発表されています。

 

そもそもコロナウイルスってなんや?

コロナウイルスと聞くと、なんかよく分からないけど怖いというイメージになってしまうんですが、いわゆる風邪もコロナウイルスによるものがほとんどだそう…。

ただ、風邪のコロナウイルスは人から人に感染し、症状も軽度で済むことが多いそうですが、今回流行してしまっている新型コロナウイルスは「動物から人に感染した」と考えられています。

同じように、動物から人に感染したコロナウイルスは、過去に猛威を振るったSARSやMARS

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス(SARS-CoV)

SARS-CoVは、コウモリのコロナウイルスがヒトに感染して重症肺炎を引き起こすようになったと考えられている。2002年に中国広東省で発生し、2002年11月から2003年7月の間に30を超える国や地域に拡大した。2003年12月時点のWHOの報告によると疑い例を含むSARS患者は8,069人、うち775人が重症の肺炎で死亡した(致命率9.6%)

中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS-CoV)

MERS-CoVは、ヒトコブラクダに風邪症状を引き起こすウイルスであるが、種の壁を超えてヒトに感染すると重症肺炎を引き起こすと考えられている。最初のMERS-CoVの感染による患者は、2012年にサウジアラビアで発見された。これまでに27カ国で2,494人の感染者がWHOへ報告され(2019年11月30日時点)、そのうち858人が死亡した(致命率34.4%)

引用:国立感染症研究所「コロナウイルスとは」

コロナウイルスって一緒なんだ!とも思いましたが、感染するコロナウイルスによって重篤な肺炎症状を起こし、死亡に至る危険性も違ってきます。

そして今回流行っているものは、「単なる風邪のコロナウイルス」ではなく「新種の重篤な症状を引き起こすコロナウイルス」です。

現在流行している新型コロナウイルス(2019-nCov)について分かっていること

  • ヒトヒト感染は認められているが、程度は明確ではない(一人から何人に移るのか分かっていない)
  • 潜伏期間は現在不明(他のコロナウイルスの状況から最大14日ほどと考えられている…)
  • 対策としては「季節性インフルエンザと同様咳エチケットや手洗い対策」
  • 発症前の人との接触でも移る可能性があるかも…(奈良のバス運転手がその例)
  • 有効な治療薬がない
  • 空気感染ではなく、飛沫感染や接触感染の可能性が高い…かも
  • 基本的にわかっていないことが多すぎる

厚生労働省のホームページやニュース番組で取り上げられていた内容ですが…基本的にわかっていないことが多すぎなんですよね。

発生からまだ二ヶ月しかたっていないし、関連機関は今必死に研究を進めていると思います。

発信される新しい情報を常に仕入れることも重要ですね。

 

また、日本国内で感染が確認された方たちは快方に向かっていること、その方達と接触したと考えられる人の追跡調査から、今の段階では拡大・流行しているわけではなさそうですが…。

 

新型コロナウイルスの症状とは…

新型コロナウイルスの初期症状として上がっているのが

  • 発熱
  • 倦怠感・関節痛
  • 呼吸困難

など…初期症状だけでは「これは新型コロナウイルスの症状だ!!」と確定しづらいのが現状です。

 

日本人感染者も症状が出て最初に受診した時は経過観察となっていました。

そして1週間ほど経過し、再度受診した際に肺炎と診断されて入院、さらにその三日後に新型コロナウイルスに感染しているということが分かっているんですよね。

 

この時期はインフルエンザや風邪も流行っています

熱っぽい、倦怠感がある、いつもと違う体調不良を感じたら、マスクを正しく着用した上で病院を受診することは必須ですね。

 

妊婦・胎児への影響はどうなっている?

私が一番気になることはコレです。

マスクを着用、手洗いうがいの徹底…等々妊娠をしていなくても毎年この時期にやっていることですが、妊娠している今年は特に念入りに。

 

妊婦の免疫力が低下するのはなぜ?

妊娠中に免疫力が低下するのは、母親の中に存在している免疫細胞が赤ちゃんを「異物」として攻撃してしまわないように免疫のハードルを下げているからです。

確かに、妊娠中というのは自分とは違う生命体が体内にいることですからね…。

 

しかし免疫力が低下することで、他のウイルスや菌に感染してしまった時に重症化してしまう可能性が出てきます。

だからこそ、感染しないようにすることが大事

 

私自身、妊娠をしてからちょこちょこ風邪をひくことが多くなりました。

息子が鼻水を出し始めたら、もれなく私ももらっています。妊娠前は風邪とは無関係だったのに。

 

現時点で新型コロナウイルスの妊婦への影響について言えること

現時点で新型コロナウイルスによる妊婦や胎児への影響についてはわかっていません。

感染した際の治療薬や感染を防ぐためのワクチンもありません

また、治療薬ができたとしてもそれが胎児に影響を及ぼさないか…に関しても現段階ではわかりません。

 

現在、感染者には熱や咳の症状を和らげていくための対症療法が中心となって治療が行われています。

 

対症療法とは…とりあえず、その患者が発症している症状に対して対応していくというものです。

熱が出ていたら、熱を下げ、咳が出ていたら咳を止め…みたいな感じで、根本的な治療方法がわかっていない時にはこうして対応していくしかないそう。

 

ただ、妊婦に関しては「激しい咳は良くない」という認識はあります。

激しく咳き込むことで破水してしまったり、流産や早産の引き金にもなる…と言われています。

 

さらに、妊婦が使える薬は限られているという現実もあります。

今後、新型コロナウイルス用に作られた治療薬が妊婦には使えないものだったとしたら、妊婦に関しては対症療法での治療となるんでしょう。

また、対症療法で使われる薬も妊婦は使用できないものだったら…と考えると怖いですね。

 

また、過去のコロナウイルスSARSの感染例から見ると、

妊娠中のSARS感染は、妊娠初期では流産の、妊娠後期では母体の死亡の増加 につながる例のあることが報告されている。

引用:国立感染研究所「SARS(重症急性呼吸器症候群)とは

との記載が。妊婦では10人の感染が確認され、そのうち3人がなくなってしまっているとのこと。

 

また、SARS感染者のうち免疫力が弱まっている高齢者(50代以上)の致死率は50%となっていて、他の年齢層よりはるかに高かったんですよね。

妊婦も年齢は違えど、免疫力が弱まっているのは間違いありません。

 

なんにせよ、やはり感染しないための自衛策が一番の手段ではないでしょうか。

 

新型コロナウイルスの胎児への影響は…

正直、これに関してもわかっていません。

ただ、新型コロナウイルスに感染した母親の体調不良が続くということは、胎児にとっても悪影響になる可能性はあります。

おなかの赤ちゃんの体温は主に羊水を通じて発散されているため、母親が発熱した場合は発散の経路が妨げられてしまいます。母親の発熱が長引くと赤ちゃんにも何かしらの影響が起きる可能性も否定できません。

具体的に、妊娠初期において39.5度以上の高熱が流産のリスクとなったり、妊娠後期の発熱が切迫早産のリスクとなるとする報告もみられます[*4]。また、熱に加えて激しい咳がある場合は腹圧がかかるため、特に注意が必要です。

引用:マイナビウーマン子育て「【医師監修】妊婦の高熱は危険?胎児へ影響はある? インフルエンザなど妊娠中の発熱について」

 

 

新型コロナウイルスに感染しないためにすべきこと

昨日の夕方、スーパーで買い物をしていた時に「そういえばそろそろマスクがなくなりそうだったな…」と思って一箱購入しました。

 

今日になって、ヒトヒト感染をしていることや武漢からの帰国者の中でも発症者がいることなどが報道され、「マスクなくなるんじゃないか…?新型コロナウイルスだけじゃなくて、これから花粉シーズンだし…」と思って、追加で購入しに行こうと思ったら、売り切れ!

 

ドラッグストア2軒、昨日購入したスーパーも売り切れ!!

みんな、行動が早いな…!

 

新型コロナウイルス マスク着用の効果はいかに…

マスクをすれば安心!と思いきや、実は違っていて、コロナウイルスの大きさは0.1マイクロメートル程と言われています。

市販されている「PM2.5にも対応サージカルマスク」は、PM2.5が2.5マイクロメートルなので単純に大きさだけを考えれば市販マスクをコロナウイルスが通ってしまう可能性は高いです。

 

じゃあ、どうして新型コロナウイルス対策に政府が「マスクの着用」を訴えているのか。

 

それは感染を拡大させないためです。

空気感染ではなく、咳やくしゃみの飛沫による飛沫感染や接触感染の可能性があるという新型コロナウイルス。

咳やくしゃみの飛沫にコロナウイルスが混じっていても、マスクをしていれば他の人に移す可能性が少ない(咳やくしゃみの飛沫は大きいからマスクを通らない)ということなんですよね。

 

また、逆に考えてもマスクをしていれば、他の人が近くで咳やくしゃみをして飛沫が飛んできたとしても体の中に入る可能性を少なくしてくれます(マスクの外側に飛沫が付着するから)。

感染拡大予防のためにも必要な対策です。

 

ちなみに、飛沫は2時間ほどで乾燥してウイルスが野放し状態になるので、マスクをしていても2時間おきに交換した方がいいというのが理想…。

 

また、マスクをすして湿度を上げることで、喉の粘膜の防御力が乾燥状態と比べると上がることがわかっています。

そのことからもマスクをして喉を乾燥させないことが必要ですね。

 

マスクだけでは足りない!手洗いとアルコール消毒を!

前述した通り、マスクだけでは対策は完璧ではありません。

飛沫感染予防としてしていたマスク。

そこに付着したウイルスを手で触って、接触感染する可能性も十分にあります

発症していない感染者が触った可能性のあるもの(つり革とか手すりとか)に触って接触感染も考えられます。

人が罹患する要因の多くは、手に付着した病原微生物(細菌・ウイルス等)が物品に付着し、そこからまた手を介して鼻や口、目から体内に入ることです。多くの病原微生物は、電車のつり革・手すり・エレベーターボタン・ドアノブを介して手から手へと拡がり、それが感染拡大のきっかけとなります。
つまり、手は見た目に汚れていなくても病原性微生物が付着している可能性があるため、石けんと流水を用いてきれいに洗い流す習慣をつけることが、感染対策の基本であり、最も重要な手段といえるのです。

引用:PRO SARAYA「感染と予防」

入念な手洗い、そしてアルコール消毒をすることで付着したウイルスを落とすことが新型コロナウイルス対策の基本

 

手洗いは30秒を意識してしっかりとあわ立てた石鹸(固形石鹸は感染を伝播する可能性がある)で洗うこと。

それに併せて、手が触れる蛇口なども除菌する。

 

また、上記のサイトには

ウイルスはその構造からエンベロープのあるウイルス(エンベロープウイルス)と、エンベロープのないウイルス(ノンエンベロープウイルス)に分けられます。エンベロープウイルスは、アルコール消毒剤によりダメージを受けやすいのに対し、ノンエンベロープウイルスは、アルコール消毒剤が一般的に効きにくい傾向にあります。

コロナウイルスはエンベロープのあるウイルスに分類されます(国立感染研究所「コロナウイルスとは」)。

なので、やはりアルコール消毒はコロナウイルスに対して感染予防効果が増すということですね。

 

ちなみに、このサイトを見て私が購入したのはこちらの商品。

【★SOY受賞記念SALE★エントリーでP10倍!】ハンドラボ 手指消毒スプレーVH(300ml)【サラヤ】

西松屋にも販売していました。

パッケージを剥がすと、ちょっとオシャンティーな容器もなります。

 

正しい知識と最新の情報を得て噂に騙されない!

新型コロナウイルスに関して、デマ情報も飛び交っています。

武漢では感染者が9万人だとか、死者数の捏造だとか…。

日本に中国から大型観光客船がきたとか、感染疑いの訪日人がUSJで逃げたとか…。

Twitterを見ていると「マジかよ…」と思うような内容のものを見かけます。

 

嘘か本当か、今年の東京オリンピックの中止を検討…という話も。

 

中国では病院に押しかけたマスクをつけた患者が、診察を受けられないことに腹を立てて、受付の人に向かって唾を撒き散らす映像もニュースで見ました。

また、中国の病院には患者が殺到し、悲鳴のような声まであがってる現状…。

 

なんにしても早く終息して欲しいです。

そのためには、情報は正しいものを入れ、自身でも対策をしっかりとしていくことが大事ですね!

日本での流行は抑えられることを願います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)