「その家事は誰がやる?」解決するために必要なこと

どうも、ぎんのすけです。

 

今年、第二子出産を迎える我が家ですが、ここ最近は「名前なんにする?」という話題が多いです。

第二子が生まれることでお兄ちゃんになるぎんたさんに聞くと「マックイーン!」と。

どこまでカーズが好きなんや…。

 

さて…

第二子を迎えるにあたって、考えることがあります。

それは…

家事をどうするか問題!!

もちろん、今まで通り私主体で…とは思っていますが、果たして二人育児でうまくいくか…。

ぎんたさん出産時にはガルガル期の影響もあってか、主人に当たってしまうこともありました。

 

今回は里帰りはしないという選択をしたので、4歳になるぎんたさんと主人、私と新生児。

家事全般は私がしていますが、産後の入院中は…という一抹の不安。

 

家事は誰がやる?問題を解決するために必要なこととは…

バタバタしがちな朝!ネットの便利情報が全て「良し」ではない!

家事…朝って一番バタバタする時間ですよね。

 

私は現在主婦をしているので「仕事に行かなきゃ!」という切迫感はないのですが、オール電化の家なので「昼時間になると電気代がクッソ高くなるから電気がかかるものは8時までに終わらせたい!」という意識があります。

 

朝の家事といえば…

  • 朝食の準備
  • 掃除
  • 洗濯
  • お弁当作り
  • ゴミ出し
  • 朝食の片付け
  • 子供の支度

などなど…。

なんかやらないといけないことがたくさんあって、しかも細々した仕事もあるし。

洗濯機回し終わった後に、洗面所の隅に置かれている使用済みタオルを発見すると悲しくなってきます。

 

中には、「洗濯は前日の夜にやっちゃう」とか「予約機能を使って、朝は干すだけにする」とか家庭によって違いはあると思います。

賢いな〜とも思うけど、風呂の残り湯を使いたい私は前日の夜に回して干すのは、主人が帰宅して風呂に入った後になるので洗濯終わるの何時になるか…日によって分からないから面倒…。

予約機能を使って〜になると、風呂場を空けておかないといけなくなるんで、湿気も嫌だし、何より息子に万が一…という考えがよぎってしまってしたくない…ということもあって、朝主人の支度が終わったら回すようにしています。

 

ネット記事なんかで「家事はこうすると楽!!」みたいな記事があるけど、その家庭(家事を主にやる人)に合わなかったら結局は続けられないんですよね…。

 

前日の夜にやるっていうのをルーティンに入れることができれば、朝のバタバタが軽減されるとも思いますが、夜の家族リラックスタイムに一人パタパタと家事をするなんて…悲しすぎて私にはできない(TT)

主婦だってみんなと一緒にテレビ見て笑いたいんじゃー!!

 

家事はみんなで分担するのが一番いい!

そう!結局は「家事をみんなで分担する」なんですよね。

核家族化し、昔とは違う価値観の中「家事は女性がやるもの」っていうなんとなくの認識だけは根強く残っているような気がしますが、「家のことはみんなでやろう」がベストな気がします。

もちろん、それぞれにできること・できないことや、時間の使い方、得意不得意があるので、それをみんなが理解した上で生活していけるのが理想。

 

ぎんたさんが週2で幼稚園に通い出した時、ちょうど登園日がゴミ出しの曜日になるので、最初の頃はゴミ出しを忘れてしまうことがちょこちょこありました(私自身やらかすことが多い人間です)。

そこで主人に「朝お弁当作るのまだ慣れてなくて、ゴミ出し忘れちゃうもんでお願いしてもいい?」とお願いしたところ二つ返事でオーケーをいただきました!

 

で、その次のゴミ出しは家の中のゴミ集め→ゴミをまとめて袋を縛り→新しい袋をセット→ゴミは集積所へ持っていく…という一連の流れをやってくれてとても助かりました。

 

今は私もルーティンに慣れたので「ゴミを集積所に持っていく」ということを主人はやってくれています。

でも、これで今は十分です。

私は家にいるし、主人は仕事に行くし。

 

子供が大きくなってできることが増えたら、またやっていくことを臨機応変に変えていけたら…と考えています。

 

あとはいわゆる「ちょっとしたこと」ですよね。

トイレットペーパーとかさ、使ったら交換すればいいし、芯も捨てといてほしい。

トイレ汚したら、そこに拭くやつあるで拭いておいて。

タオルも使ったら洗濯カゴの中に入れておいてほしいし、ティッシュもゴミ箱入れといて。

ペットボトル飲んだら、ラベル剥がして洗って干しといて。

お茶碗は流しに。

飲み終わった牛乳パックは洗って。

 

 

そんなに大変なことじゃなくね?

大変なことじゃないなら、やってくれてもいいじゃんなんて意見は却下します。

「やってくれてもいいじゃん」が溜まるとイライラも溜まりますから、自分でやって

 

自分のことは自分でやる!「おかーさん、あれどこ?出しといて」スタイルとはさようなら

私も、中学高校の時は母に頼りっきりのことが多かったです。

 

「学校で使うから準備しといて〜」

「カッター、アイロンかけといて〜」

「お弁当作って〜」

 

今考えれば「いや、自分でやれよ」と言いたくなるものばかりです。

ほんとありがとう…おかん…

 

私も主人も、母が色々やってくれていたんです(今になって気が付いた…)。

だから「母(嫁)に頼めばやってくれる」という意識があるんだ(-_-;)

甘えん坊だったな…

自分のことでできることは自分でやる!って行動するだけで、他の人にやってもらうことがないから「思ってたんと違う…」とかの文句は出てこないし、他の人にやってもらうと「いつしてくれるんだろう?もう一回頼んだ方がいいかな?」なんて余分な気疲れもしなくなる

 

でも、これって社会に出たら普通にやってることですもんね。

家ん中になると、どうして甘えが出てくるのか…。

 

「家事は誰がやるか問題」は意識の持ちようで簡単に解決する!

私も家事が嫌だということではありません。

主人は「お前の仕事だろ、当たり前だろ」スタンスではなく「いつもありがとう」と言ってくれるし、お願いをしたらちゃんとやってくれます。

なので、今の生活が変わらなければ特に問題はない

 

でも、ふとした時に思うんです。

私が今倒れて入院したり死んでしまったら、残された主人は家のことが何もわからないんじゃないか…どこに何があるかも分からないんじゃないか…

 

昨年、親戚の急死を受けて、最近は特にそう考えることが多くなりました。

だからこそ、「この家事は誰がする」と決めつけではなく、自分のことでできることは自分でやり、あとは得意不得意等考慮して協力し合う(話すこと)というのが理想なんだと気がつきました。

 

と、いうことで、今年の目標は「総動員家事」で行こうと思います。

一年後、理想に近づけているかどうか…頑張ろうと思います!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function sng_minify_js() in /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-content/plugins/sango-theme-gutenberg/dist/init.php:169 Stack trace: #0 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(292): sng_block_tab_js('') #1 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(316): WP_Hook->apply_filters(NULL, Array) #2 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-includes/plugin.php(484): WP_Hook->do_action(Array) #3 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-includes/general-template.php(3025): do_action('wp_footer') #4 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-content/themes/sango-theme/footer.php(51): wp_footer() #5 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-includes/template.php(730): require_once('/home/ginnosuke...') #6 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-includes/template.php(676): load_template('/home/ginnosuke...', true, Array) #7 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/w in /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-content/plugins/sango-theme-gutenberg/dist/init.php on line 169