2018年夏8月15日 戦後73年を迎えて思うこと

コンバンワ、ぎんのすけです。

 

今日は、電車に乗って家族三人で街中へ繰り出しました。

お目当のトミカ展、outbackへも行くことができて満足…ものすごい疲れた1日となりました。

ぎんたさんにとっては、初めての地上電車(地下鉄は乗ったことある)!

 

ベビーカーを持たずに外出するのは初めてで、どうなるかがヒヤヒヤでしたが、イライラもせず、家族みんなで仲良く帰ってこれました。

 

途中でぎんたさんが寝たので、商業施設の入り口付近の階段で座って、のんびりしたり。

地下街を走り回ったり、トミカ展でフィーバーしたり。

人の多い帰りの電車、降車駅まであと3つで、ぎんたさんが泣きそうになったり。

 

相変わらず、知らない人が多い場所や知らない場所が苦手なぎんたさんでした。

 

でも、寝るときには、今日のトミカ展のトミカ釣りでゲットした車を握りしめて寝ていったので、今日は楽しかったんだと思います。

 

 

昨日・今日と、なんだか今年の夏に感じたことのない涼しさを感じ、「あぁ、今年もクッソ熱かった夏が終わるんだな」となんだかしみじみ…。

 

今年は、毎日毎日35度を超える暑さが続き、我が家でも冷房を付けっ放しで寝る日がありました。

 

そして、息子・ぎんたさんの言語も飛躍的に伸びて、おうむ返しだけでなく、会話のようにもできるようになってきました。

成長は、嬉しい限りです。

 

ぎんた:パパ、どこ〜  パパ。いないねぇ

わたし:パパどこやろうねぇ?

ぎんた:トイレぇ?

わたし:かもしれんねぇ ちょっと見てきてくれる

ぎんた:(トイレの方を見にいって、洗面所にいたみたいで…)パパ、いたー!!

 

こんな感じです。

もともと、こちらのいうことはしっかりと受け取ることができていたようなので、やっと言葉が追いついてきたな〜という感じがします。

 

そんな、息子の成長もひしひしと感じることができた、夏でした。

 


 

今年は、終戦73年を迎えました。

1945年の8月15日に、太平洋戦争が終結し。

その後の日本は敗戦国として、今に繋がる発展を遂げました。

 

その時代の上に成り立っている、わたしたちの今の幸せが、今後も、子供達の世代になっても、孫たちの世代になっても続くことを、心から強く願っています。

 

ただ、発展を遂げた一方で、過去を知ろうとしない人たちの冷たい声があるということが悲しいです。

 

例えば、わたしが子供の頃には、毎年8月の終戦日近くなると、テレビで「火垂るの墓」が放映されていました。

 

それが最近は、なくなったんですよね。

 

なんでだろう?と思って調べたら、「映像がリアルすぎて怖い」「子どもに悪影響を与える」とかっていう声が上がったために、放映しなくなったという噂…。

もちろん、本当かどうかはわかりませんが。

 

ただ、事実として、小学校や図書館から「はだしのゲン」を撤去するという動きがあったのは、最近の話です。

「グロテスクだ」「残虐だ」「間違った歴史観を植え付けるだけだ」などの意見があったそう。

 

広島の、原爆資料館で展示されていた「被爆再現人形」も昨年撤去されてしまいました。

理由は「子供が怖がるから」だそう。

 

 

火垂るの墓にしても、はだしのゲンにしても、確かに今の時代の常識で考えると、人間性が異常であったり、表現がリアルすぎる(火垂るの墓は小さい頃怖くて全部見ることができなかったです)ということはわかります。

 

戦争を経験していないわたしたちは、実際にどんな環境・状況だったのかは理解しかねるのも当たり前だと思います。

でも、確かに「戦争」というのは過去にあった話であり、その惨劇もあったことであり、それを「グロテクスだ」「子どもに悪影響を与える」なんて言葉は、本当にその作品を見たことのある人間が言った言葉なんですかね?

 

作品を見て、感じたことを、熟考せずにただ排除するだけなんて、なんかおかしい…。

 

小さい頃に戦争作品を見て、「戦争は怖い」という印象が、大人になって「戦争は、悲惨だ。繰り返してはいけない」という認識になり、敗戦国であり、戦争を肥大させた国でもあり、唯一の被爆国でもある日本人だからこそ、語り継いでいくべきだろうと思っています。

 

 

戦後75年。

戦争を実際に体験した人も少なくなりつつあり、過去の出来事として現在を生きる人のいいように改変されつつあるようにも感じます。

 

 

 

人の手によって多くの命を奪い、奪われ、

日常の子供の成長ですら感じることができなかった時代もある…。

 

本当に、この時代に子育てができ、息子の成長を感じることができることは幸せだと思います。

 

 

今後も、その幸せを感じながら、この地で家族とともに暮らしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function sng_minify_js() in /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-content/plugins/sango-theme-gutenberg/dist/init.php:169 Stack trace: #0 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(292): sng_block_tab_js('') #1 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(316): WP_Hook->apply_filters(NULL, Array) #2 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-includes/plugin.php(484): WP_Hook->do_action(Array) #3 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-includes/general-template.php(3025): do_action('wp_footer') #4 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-content/themes/sango-theme/footer.php(51): wp_footer() #5 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-includes/template.php(730): require_once('/home/ginnosuke...') #6 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-includes/template.php(676): load_template('/home/ginnosuke...', true, Array) #7 /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/w in /home/ginnosuke22/kazoku-desu.com/public_html/wp-content/plugins/sango-theme-gutenberg/dist/init.php on line 169