原状回復OK!壁に穴を開けずにオブジェを飾る方法!100均材料で簡単にできます その1

こんにちは、ぎんのすけです。

雪は好きですが、冬の寒さには弱く、家の中(床暖の効いた部屋のみ)で日々を過ごしています。

春は恋しいけれど、花粉症のことを考えると喜びきれない(T_T)

 

さて、今回はお手軽DIY!

壁に穴を開けずにオブジェを飾る方法です。

こういう感じに↓↓↓

 

マスキングテープとグルーとマグネットを使っているので、壁に穴は開けません。

だから、賃貸でも原状回復できます。

新築だから穴を画鋲で穴を開けたくない!とか、壁が硬くて画鋲が入らない!という壁にも使えますよ。

では、早速ご紹介します。

 

用意するもの

用意するものはみんな100均で揃えることができます。

  • 飾りたいオブジェ
  • 超強力マグネット
  • グルーガンとグルースティック
  • マスキングテープ(オブジェをはる壁の色に近い色)
  • ペンと要らない紙(オブジェよりも大きいサイズ)

 

飾りたいオブジェ

オブジェは、今回はセリアで購入した木のトレイを使いました。

ガラスや陶器などの割れ物は、もし落ちてしまった時に危険なのでこの方法を使うときは自己責任でお願いします。

重いかな?と思うものは、貼るマグネットの数を増やすことで安定してつけることができます。

ちなみに200gの木のオブジェに対しては6個以上のマグネット使うと安定します(確認済み)。

 

超強力マグネット

私はセリアで購入しました。

超強力マグネット ミニ 8P

このサイズよりもマグネットが大きいと、グルーとマグネットの接着面が広くなり、壁やオブジェクトからマグネットを剥がす時に大変です(経験済み)。

少し重めの物を飾りたいときは、バランスよくこの小さいサイズのマグネットをたくさんつけたほうがオブジェも安定しますよ

あとは、たくさんマグネットを貼ったほうがマグネットの下地のマスキングテープにかかる負荷が分散され、マスキングテープがオブジェクトの重みで剥がれ落ちてしまうことを防げます。

 

グルーガンとグルースティック

これも100均で購入できますね。

私は5年前くらいに購入したものを未だに使い続けています。

グルーは、マグネットとマスキングテープを接着するために使います。くれぐれも壁に直接グルーをつけないでください

剥がれなくなる可能性があります。

他にも「ものをくっつける」と言えば…ということで、液体アロンアルファも試したんですが、オススメしません。

剥がす時に本当に苦労します(一応剥がれるけど、木製オブジェに傷がつきました)。

グルーガンのグルーがちょうど良い厚みとクッションになるので、マグネットを剥がすときに楽にはがせます。

 

マスキングテープ

壁側にはるマスキングテープは、壁の色に近いものをオススメします。

ちょっと柄が入っていたり、色が入っているだけでも、結構目立つんです…。

あとは、マスキングテープによっては表面がツルツルしているものもあるので、そういうのだとグルーがはがれやすくなりますので、材質には注意してください。

 

ペンと要らない紙

紙はコピー用紙で大丈夫です。

壁に貼るためのマグネット取り付け位置を確認するためだけに使うので、最終的には捨てます。

適当な紙で大丈夫です。

 

では、早速作っていきましょう!

 

続きはこちら↓

原状回復OK!壁に穴を開けずにオブジェを飾る方法!100均材料で簡単に出来ます その2

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)